ホーム  /   こんな症状の方へ  /   その他

こんな症状の方へ

スポーツ障害
運動中のケガは、最初は整形外科で治療することがほとんどだと思います。筋肉損傷・肉離れ・捻挫・骨折などをイメージしていただくと分かりやすいかもしれません。現状の医療保険システムでは、初期治療に重点がおかれリハビリが十分に行うことができません。「キズが治ったから終わり」ではなく、むしろそのあとの方がはるかに重要です。身体は損傷の度合いに応じて、代償運動を構築していままでと同じような動作ができるようにします。これがケガが治ったあとにも残ります。この間違った運動パターンを元の正常なものに戻さないとまた別のケガが起こったり再発したりします。カイロプラクティックでは、脳と神経の働きに注目してこれを修正し、正しく身体を使えるように(筋肉の)再教育をしていきます。意外かもしれませんが、カイロが最も得意とする分野の一つです。

足関節捻挫をした後に、競技中のなぜか同じ状況で同じミスをしたりすることがあります。いつも7番目とかの同じハードルを倒してしまう陸上選手、または5回目の左への切り替えしでボールの処理をミスするサッカー選手。このようなケースは、そういったことが原因かもしれません。迷ったら一度ご相談ください。

自立神経失調症(2次的効果の期待できるもの)
カイロプラクティック施術は、交感神経と副交感神経のバランスに影響を与えることが科学的に証明されています。これは間接的にでも自律神経が原因の症状に好影響を与えることができることを示しています。胃や腸は副交感神経支配ですし、心臓や血管は交感神経支配です。このような症状は、体性-内臓反射を利用することで症状の改善が期待できます。一例をあげると、高血圧・便秘・下痢・膨満感などに効果があります。

高血圧・低血圧(2次的効果の期待できるもの)
カイロプラクティック施術は、交感神経と副交感神経のバランスに影響を与えることが科学的に証明されています。これは間接的にでも自律神経が原因の症状に好影響を与えることができることを示しています。胃や腸は副交感神経支配ですし、心臓や血管は交感神経支配です。このような症状は、体性-内臓反射を利用することで症状の改善が期待できます。一例をあげると、高血圧・便秘・下痢・膨満感などに効果があります。

めまい(2次的効果の期待できるもの)
めまいのメカニズムは1つではありません。命の危険があるものは別として、耳石が原因のものなどいくつかのめまいにはカイロプラクティックが効果的だと報告されています。また、長期的なカイロケアによって、原因不明のめまいが徐々に軽減していく例もあります。

耳鳴(2次的効果の期待できるもの)
耳鳴は現代医学では放置されがちです。それは命の危険がほとんどないことと、検査によって客観的に数値化することが難しい症状だからかもしれません。しかし、解剖学的に耳と口はつながっています。例えば口蓋帆張筋が耳管の開閉と口腔内の動きに関与しています。このことから、顎関節の機能を正常に保つことで耳鳴に効果が期待できます。

女性特有の症状(生理痛・生理不順など)(2次的効果の期待できるもの)
カイロプラクティック施術は、交感神経と副交感神経のバランスに影響を与えることが科学的に証明されています。これは間接的にでも自律神経が原因の症状に好影響を与えることができることを示しています。生殖器などの骨盤内臓器は副交感神経支配です。長期的なカイロプラクティックの施術をしている患者さんの中には、生理痛が軽くなったり生理不順が良くなっていく方が少なくありません。もしくは栄養指導・生活指導・運動指導など総合的にアプローチするからこのようなプラス面があるのかもしれません。エビデンスとして女性特有の症状にカイロが効果的とは言えませんが、それでも現実に喜ばしい反応をする方が多いという事実を知っていただきたいです。

健康増進(2次的効果の期待できるもの)
カイロプラクティックの施術には、筋肉や関節にアプローチするだけでなく、栄養・生活・運動指導など総合的なケアが含まれます。何気ない習慣が身体に影響を与えることもあります。そのようなマイナス要素を軽減することができるので、カイロプラクティックは健康増進にも期待ができます。

リラクゼーション効果(2次的効果の期待できるもの)
カイロプラクティック施術は、交感神経と副交感神経のバランスに影響を与えることが科学的に証明されています。これは間接的にでも自律神経が原因の症状に好影響を与えることができることを示しています。また、単純に人に触られることが気持ち良いということもあります。多くの患者さんが施術後に眠気を感じることからも、リラクゼーション効果は期待できます。

9