ホーム  /   こんな症状の方へ  /   産前、産後の症状

こんな症状の方へ

骨盤のゆがみ
妊娠中(特に後期)は、ホルモンの影響で靭帯などの支持性が低下しています。これは大きく重くなっていく胎児に合わせて、骨盤を後傾させて胎児を支えるために必要な準備です。しかし、このような不安定な変わりやすい状況の妊婦さんは、段差でつまづいたり、ぶつけたりすることで簡単に骨盤のゆがみがでてしまいます。ホルモンの状態などは、「妊娠中の腰痛」を参考にしてください。


詳しく見る

症例報告を見る

妊娠中の腰痛
女性は妊娠・産後によってホルモンの分泌が大きく変化します。程度の違いはありますが、妊娠によって女性のほとんどが腰痛を訴えます。
3ヶ月毎の3つの時期にわけたとき、それぞれ腰痛の原因は異なり、また痛みの部位や感じ方も異なることが多いとされています。
また1人目より2人目の方が、2人目より3人目の方が・・・と腰痛がひどくなっていく傾向にあります。

詳しく見る

症例報告を見る

出産後の腰痛
出産後6ヶ月で、レラキシンの分泌量が低下して関節の安定が少しずつ進みます。
この産後6ヶ月間は不安定でちょっとしたことで症状がでたりします。

詳しく見る

症例報告を見る

手根管症候群
妊娠中は、胎児の血液量分だけ母親の血液循環量が増えます。それは体内の水分量が増加することと同じです。このような状況では、急激に増えた水分が血管中からしみ出てむくみ(浮腫)が起こりやすくなります。そして、手首のところで神経や血管を圧迫して指先のしびれや痛みをおこします。カイロプラクティックでは、血液循環の改善とむくみ(浮腫)に対する施術と、背骨や腕や手のアライメントを整えて、症状の軽減を図ります。

5
6
7
8
9