ホーム  /   こんな症状の方へ  /   頭痛

こんな症状の方へ

片頭痛(偏頭痛)
偏頭痛という方もいますが、正しくは片頭痛といいます。
片頭痛は、頭の片側が「ズキンズキン」とするような痛みです。両側にでることもあります。
これは拍動痛とも言われ、脈拍に呼応するように痛みを伴います。
一般的には7:3程度の割合で女性に多くおこる症状です。
頻度は不規則で、疲れやストレスが多いときに頻発することから自律神経系との関連性が指摘されています。
持続時間は数時間から2~3日で個人差が大きく痛みの度合いも様々です。
緊張していた(ストレス)状態から開放されてリラックスする時に起こりやすく、早朝または午前中、休日や試験が終わった直後などにも多いとされています。
喫煙やお酒、入浴などの血管収縮や拡張に関連して痛みが悪化します。

詳しく見る

症例報告を見る

緊張性頭痛(筋緊張性頭痛)
首の筋肉の多くは頭部につながっています。そのため、首の筋肉が過度に緊張すると、頭痛様の症状をおこします。
肩こりがひどくなると、連動して首の付け根、すなわち後頭部に重だるい鈍痛となって症状をおこします。
これはデスクワークや重労働、冷えなど、肩こりの悪化要因と関連性があるため、肩や首の筋肉を緩和させていけば症状は軽くなっていきます。

詳しく見る

症例報告を見る

頚性頭痛(頚椎原性頭痛)
頭のつけ根から後頭部にかけて鈍い痛みを訴えることが多く、症状的には緊張性頭痛と似ています。
しかし、頚性頭痛は筋肉の緊張によって起こるものではなく、頚椎関節の機能障害が原因で起こるとされています。

詳しく見る

症例報告を見る

群発性頭痛
頭痛は日常的に感じる代表的な症状の一つです。多くの場合は身体の疲れや精神的ストレスなどに関連しておこります。首の関節の制限や筋肉の緊張が原因で起こることもあります。また血管収縮や拡張にともなってズキンズキンと脈うつような痛みのこともあります。突然激しく襲う頭痛や、吐き気やめまいをともなう頭痛の場合には重篤な疾患に関連している可能性があるため、専門病院での受診をおすすめします。

詳しく見る

症例報告を見る

その他の頭痛
突然激しく襲う頭痛や、吐き気や回転するようなめまいをともなった頭痛は、脳血管障害に関連して起こっている可能性があるため、1回でもそのような症状を訴えたことのある方は 専門の病院での受診をおすすめします。どこにいったらいいかわからない方には、当クリニックの提携病院を紹介いたします。
これらの頭痛はカイロプラクティック治療の適応ではありません。
→カイロプラクティック治療で効果が期待できる頭痛は【片頭痛・ 緊張性頭痛・ 頚椎原性頭痛】

詳しく見る

症例報告を見る